魚類自然史研究会会報誌ボテジャコ 第20号 NEW


魚類自然史研究会会報誌
ボテジャコ 第19号



















新着情報


■フィールドミュージアム「泥干潟ってどんなところ?」
  日時:2016年8月20日(土)13:00〜16:00
  場所:行徳鳥獣保護区
  共催:行徳野鳥観察舎友の会、行徳生物多様性フィールドミュージアム研究会、
  ノーバスネット・水生生物保全協会
  協力:東邦大学理学部東京湾生態系研究センター、茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター

■町田池 〜ウナギ・アカテガニ・テナガエビ復活プロジェクト〜
  日時:2016年5月29日(日)10:00〜15:00
  場所:行徳鳥獣保護区
  共催:行徳野鳥観察舎友の会、行徳生物多様性フィールドミュージアム研究会、
  ノーバスネット・水生生物保全協会
  協力:東邦大学理学部東京湾生態系研究センター、茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター

■フィールドミュージアム「干潟生物多様性」
  日時:2016年4月24日(日)10:00〜15:00
  場所:行徳鳥獣保護区
  共催:行徳野鳥観察舎友の会、行徳生物多様性フィールドミュージアム研究会、
  ノーバスネット・水生生物保全協会
  協力:東邦大学理学部東京湾生態系研究センター、茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター

■ 魚類自然史研究会会報「ボテジャコ第20号」を発行しました。NEW

■ 第62回魚類自然史研究会開催のお知らせ NEW
  日時:2016年3月19日(土)〜20日(日)
  場所:八尾市立大正コミュニティセンター

■ 京都スタジアム建設中止を求める意見書を京都府知事あてに提出しました。
  (※京都府知事宛; 2015年12月5日)。

■ 2015年11月28日〜29日、第61回魚類自然史研究会が開催されました(講演要旨・会場案内)。
・日時:2015年11月28日(土)、11月29日(日)
・場所:東京環境工科専門学校
・共催:魚類自然史研究会、東京環境工科専門学校、(一財)自然環境研究センター、(一社)水生生物保全協会

■ 亀岡のため池で外来魚一斉駆除を行いました(2015年11月29日-12月12日)。

■ 魚類自然史研究会会報「ボテジャコ第19号」を発行しました。

■ 亀岡のアユモドキ保護に関する意見書を京都府知事あてに提出しました(※京都府知事宛; 2015年5月13日)。

■ スタジアム建設により存続が危惧される亀岡産アユモドキについて、環境影響を評価し保全対策を検討している環境保全専門家会議において検討結果が出される前に、公共事業評価委員会を開催することは適当ではない旨の意見書を京都府知事及び公共事業評価委員会委員あてに提出しました(※京都府知事宛 ※公共事業評価委員会委員宛; 2015年1月4日)。

■ スタジアムの建設が計画されている亀岡産アユモドキの生息地保護について、スタジアム建設により存続が危惧される亀岡産アユモドキについて、京都府知事及び亀岡市長に要望書を提出しました(※京都府知事宛 ※亀岡市長宛; 2013年12月9日)。

■ 「日本産淡水魚学名変換辞書」(MS-IMEシステム辞書版)を配布しています。

■ 法人格変更に伴い、有限責任中間法人水生生物保全研究会から一般社団法人水生生物保全に名称変更しました(2009年11月)。



top of page